BVLGARI正規販売店 HARADA HQオンラインショップ
ホーム
0
カテゴリー
コレクション
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コレクション
コンテンツ
  • ホーム
  • ピンクゴールドが光るオクトだけのコンビウォッチ「オクトローマ103083」

ピンクゴールドが光るオクトだけのコンビウォッチ「オクトローマ103083」

オクトローマウォッチを腕につけている画像

ブルガリのメンズウォッチ「オクト」は、ブランドのアイコンとも言える傑作。
イタリアの建造物からインスピレーションを受けデザインされた八角形のシェイプは、個性が強いながらもその美しい造形に虜になる人も多いようです。

今回は、そんなオクトから「オクトローマ103083」をご紹介。
オクトローマならではのコンビウォッチの魅力に迫ります。

八角形の重なりとカラーが魅力のオクトローマ

オクトローマウォッチのりゅうずアップ画像

オクトは八角形を組み合わせたデザインで、その層の重なりがとても魅力的。
そして、今回ご紹介するモデルは、八角形が美しく重なりあったオクトだからこそのコンビウォッチです。
それぞれの配色の割合が印象を大きく左右するために、センスが問われる腕時計でもありますが、さりげなく見える八角形の部分やインデックス、そしてリュウズの上品なピンクゴールドは、どこから見てもちょうどいい配色に仕上がっています。
個人的には、ブレスレットはシルバーのみになっているところも好みで、男性でも躊躇せずチョイスできるようなさりげないカラーリングがたまりません。

オクトローマウォッチのバンドアップ画像

オクトローマの建築的なデザインで男性らしさも感じつつ、優しく肌馴染みのいいピンクゴールドと、文字盤のチャコールグレーが合わさることで、どこか優しい雰囲気の腕時計にも感じられます。
このような上品な色合いのメンズウォッチは、身に着ける人の印象を変え、女性から見た印象も素敵に映るはず。

また、オクトローマは、フィニッシモ、オリジナーレよりも円に近い印象を持ちます。
オクトローマの丸みのある八角形だからこそ、コンビウォッチにありがちな嫌味のあるギラギラ感もなくエレガンスに仕上がり、オクトローマ独特のデザインの美しさを引き立てているのでしょう。

オクトローマウォッチの文字盤アップ画像

文字盤上のデザインも、ぜひ間近でご覧いただきたいところ。
インデックスも、立体的でそれぞれが堂々と配置されています。
この立体感と文字盤のサテン仕上げが芸術的に光り、鑑賞すればするほど、オクトローマの美しさに感動するばかり。
まるで小さな建築物のようで、イタリアのスピリットを五感で感じられるのもオクトローマの魅力です。

オクトローマの豊かな造形美が生み出すラグジュアリーな腕時計

オクトローマウォッチの厚みアップ画像

水泳や水仕事、釣りなどの状況でも耐えられる50メートル防水機能も備わり、この見た目のラグジュアリーさを持ちながら、アグレッシブな場面でも身に着けられる頼もしさ。
そして3時の位置には、ラグジュアリーさを失わさせないような小さな日付表示窓を配置。
その横にも短いバーのインデックスがあり、視認性もしっかり確保して機能性も妥協しません。
デザインのバランスと機能性の両方を成立させた設計の素晴らしさは、さすがのブルガリ、さすがのオクトだと感心させられます。

オクトローマウォッチのバックルアップ画像

【筆者コメント】
ピンクゴールドによって感じる穏やかな印象の中にも、男心を掴んで離さないような立体感とメタルの質感がギャップとなり、とても魅力的に感じました。
また、オクトフィニッシモにはない厚みが、オクトローマのよさであり、横から見た時の全体の立体感は、この上ない多幸感を得るほどの造形美。
オクトフィニッシモのようなスマートさよりも、ラグジュアリーさを求めるなら、オクトローマ、なにより本モデルがおすすめです。

まとめ

オクトローマならではの重なりによってコンビが映える「オクトローマ 103083」をご紹介しました。
もはや腕時計というよりも、ひとつの小さな芸術作品を腕に乗せているかのようなオクトローマ。
この質感、上品な光とカラーを、ぜひあなたの目で確かめてみてください。

「オクト ローマ ウォッチ 103083」の詳細スペック

オクト ローマ ウォッチ 103083

 

ムーブメント 自動巻き
直径 41mm
ケースシェイプ オクタゴナル
機能 時・分・秒・日
ストラップの素材 ステンレススティール
防水性 50 m防水
パワーリザーブ 42 hours
振動数 28'800 VpH (4Hz)
素材 ピンクゴールド, スティール
サイズ M
カラー グレー